WORK

家族のはなし2018「家族の言葉新聞」 家族のはなし2018「家族の言葉新聞」

家族のはなし2018「家族の言葉新聞」
CLIENT
信濃毎日新聞
YEAR
2018

MISSION

「新聞が読まれなくなった」。そう言われて久しいけれど、地方紙には他のメディアにはない良さや、大切な役割がある。その本質的な価値を伝えること。

IDEA

2013年に長野県の信濃毎日新聞さんと一緒にはじめた「家族のはなし」は、5年目を迎えました。今回のテーマは"家族の言葉"。家族を思えば思うほど言えない・言わない言葉がある。「家族の言葉は、幸せな裏腹だ。」新聞を透かすことで、家族の言葉が読みとれる仕掛けの新聞です。発行日を、家族が大晦日に向けて集いはじめた12月29日(土)とすることで、家族を考えるきっかけをつくり、地方紙の大切さを伝えました。

RESULT

今年も読者から直筆のお手紙やお電話など、たくさんの声をいただきました。また、イラストをご担当いただいた、木内達朗さん(池井戸潤の半沢直樹シリーズ・下町ロケットシリーズの書籍装画などを手がけるイラストレーター)のビジュアルにも大きな反響がありました。ADFEST2019 PRESS部門 BRONZE、CCN(コピーライターズクラブ名古屋)賞を受賞。

AWARDS

ADFEST2019 PRESS部門ブロンズ
CCN賞2019(コピーライターズクラブ名古屋)

CREDITS

SCD:上島史朗
CW:淺井勇樹/上島史朗
AD:加納彰
CP:鳥屋窪由佳