WORK

#iMUSEで医療支援 #iMUSEで医療支援

#iMUSEで医療支援

MISSION

2021年春。プロジェクトの企画は始まりました。医療現場の逼迫がニュースで伝えられる中、iMUSEができることは何か。「免疫」で、日本で初めて機能性表示食品となったiMUSEだからこそ、多くの人に免疫ケアの大切さを伝えながら、医療現場で働く人の免疫ケアに役立てたい。一過性の広告ではなく、春から夏にかけた継続的な医療支援はできないだろうか。

IDEA

「#iMUSEで医療支援」。シンプルで端的なハッシュタグは、本プロジェクトのタイトルであり、Twitterにおける、医療支援の意思表示サインでもありました。1ツイートにつき1袋、「キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント 7日分」が全国の医療機関に寄付される仕組みを構築。通常、こうしたツイートキャンペーンはこれで終わることが多いですが、今回は、賛同してくれた人のSTAY HOMEの日々のために、Lo-Fi Hip Hopによる30分のアニメーション・コンテンツを提供しました。コンテンツでは、在宅ワークをする一人の女性と、医療現場で働く女性が、晴れの日も、雨の日も、目の前の日常を淡々と、健康に留意しながら過ごす日常が描かれています。未発表曲で構成された4曲のLo-Fi Hip Hop は、トラックメーカーのBROCKBEATSさんが担当。この時代を生きる一人の日常と、医療従事者の姿がシンクロする映像は、アニメーション作家の今津良樹さんが担当しました。

RESULT

プロジェクトは、「今自分に何かできることはないか」と考えていた人に、ハッシュタグだけで参加できる簡便さもフィットして、最初の月、開始から想定の2倍の、6万件に迫るツイートがありました。その後も、月を追うごとにツイートは増えてゆき、7月には20万を超えるツイートへ。結果、20万2129袋のiMUSEプラズマ乳酸菌サプリメント(7日分)を、医療現場に寄付することができました。医療現場を「応援」ではなく、具体的な行動を伴う「支援」する活動は、多くの反響を獲得し、SNSにおける「iMUSE」というキーワード量は前年比8倍に。継続的な医療支援を目指した想いは、医療従事者とSTAY HOMEを送る人々を、免疫ケアという習慣が結び付ける仕事となりました。

CREDITS

Senior Creative Director:上島史朗
Planner:牟田神東章吾/前原理央
Digital Media Planner:土屋あゆみ/松田紘樹