2024年4月 2日

FRONTAGE

FRONTAGE Planning Report #2 時流を味方につける戦略PRのつくり方

FRONTAGE Planning Report #2 時流を味方につける戦略PRのつくり方

あなたは、「PR」と聞いて何を思い浮かべますか? PRPublic Relationsの略ですが、人によってはプロモーションの意味合いが強かったり、パブリシティを意図していたり、PRの意味は非常に多様化しています。
そこでフロンテッジは、「いまの世の中を踏まえたPR」とは何か、さまざまな企業・ブランドの戦略PR事例を分析し、戦略PRに取り組むために検討すべきポイントや具体的な手法について、レポートとしてまとめました。PRによって獲得したい目標パーセプションを考える際や、ターゲット・インサイトと世の中の時流、業界の課題を踏まえたニュース性を検証する際に、すぐに使えるフレームも載っていますので、ぜひご活用ください。


<こんな方におすすめ>
 ● PRに興味があるが、何から着手したらいいのかわからない
 ● PRを担当しているが、イマイチ効果を実感できていない
 ● BtoB企業のPR手法について知りたい


<レポートの一部紹介>



FRONTAGE Planning Reportとは?>
効果的なブランディング手法から、企業の課題解決のヒント、果てはそのための資料作成まで、ネットで探せば何かしらは見つかるだけでなくChatGPTに聞けば「秒で」答えてくれる時代。
確かに情報はすぐに手に入りますが、現在企業が抱える課題は、最大公約数の情報では解決できない個別のものになっています。
このレポートでは、フロンテッジが実際にさまざまな企業の課題解決に取り組み、成功した経験だけでなく、残念ながら求めていた結果が得られなかった経験も踏まえ、実際に取り組んだからこそ体得できた「具体的かつ実践的なポイント」を中心にまとめています。




本レポートをご覧になりたい方は、こちらからお問い合わせください。

FRONTAGE Planning Reportをもっと知りたい方へ
これからのビジネスを強くしていくための「パーパスのつくりかた」

Share

どんな課題をお持ちですか?

質問やお問い合わせはこちらから
お気軽にご相談ください。