WORK

ソニーグループのコミュニケーション企業としての
「DinoScience 恐竜科学博」の取り組み
ソニーグループのコミュニケーション企業としての
「DinoScience 恐竜科学博」の取り組み

ソニーグループのコミュニケーション企業としての「DinoScience 恐竜科学博」の取り組み

2021年7月17日から9月12日まで、パシフィコ横浜にて「Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~(以下、DinoScience 恐竜科学博)」が開催されました。

ソニーは「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というPurpose(存在意義)を掲げ、さまざまな事業を展開しています。DinoScience 恐竜科学博は、ソニーグループ9社が結集し、ソニーのValuesのひとつである「夢と好奇心」に基づいてつくりあげる“新しい恐竜展”を目指しました。

“DinoScience(ディノサイエンス)”。それは、ソニーが科学の視点で生み出す、まったく新しい恐竜体験のこと。欧米の博物館では、恐竜を骨格標本として展示するだけではなく、生き物として科学的視点で捉え、その不思議さやおもしろさを解くことで、ワクワクする知的好奇心を満たすよう工夫されており、恐竜は”科学の扉“の一つとして位置づけられています。
ソニーのクリエイティビティとテクノロジーの力を活用したDinoScience 恐竜科学博は、見るだけではなく五感で感じる今までにない体験型エデュテインメント(教育:Education+エンタテインメント:Entertainment)として、子どもから大人まで自然科学への気づきや学びの体験を創出したいと考えました。

本展は4年以上前、サイエンスコミュニケーターとして活躍する“恐竜くん”(田中真士氏)との出会いから始まり、フロンテッジとソニー・ミュージックエンタテインメント(以下SMEJ)が中心となってプロジェクトが発足。次第にソニーグループ各社およびパートナー企業、地方自治体やメディアを巻き込む一大プロジェクトとなりました。

フロンテッジは、本展においてソニーグループの広告会社としての得意領域である関係各社とのコミュニケーション、調整能力およびプロジェクト遂行能力を発揮。具体的には企画プロデュース、事務局運営、会場施工~運営、広報PR、ワークショップ企画・運営など多くの分野を担当することにより、DinoScience 恐竜科学博における重要な役割を果たしました。

本展の展示エリアは、ソニーグループの様々な技術を体験できるように構成しました。例えば、多数の貴重な化石を紹介した「発見ラボラトリー」では、高精細な立体映像を裸眼で見られるソニーの空間再現ディスプレイ『ELF-SR1』にて、恐竜の3DCGモデルを展示。「白亜紀体験シアター」では、最新研究で明らかになった恐竜の体の造形から質感、動き方、さらには当時の植生に至るまで、本展の企画・監修を務めた恐竜くんが徹底監修し、最先端の映像技術を有するソニーPCLが細部にまでこだわりぬいて精緻に再現した、圧倒的なリアリティと迫力のフルCG映像を用意しました。幅12m・高さ6.8mのソニーの超高精細なCrystal LEDの大画面に映し出された映像に、7.1.2chのサラウンド音響システムや、ハプティクス技術(触覚提示技術)などを連動させた映像体験に、多くのお客様から感動の声が挙がりました。また、コロナ禍で会場に来られない方はもちろん、来場された方にも展示をより深く知っていただくために、Xperia™スマートフォンを活用したオンラインツアーも企画・実施し、多数の方に参加いただくことが出来ました。

本展の公式アンバサダーには、SMEJ所属アーティストの日向坂46 小坂菜緒さんが就任。ヴァイオリニスト宮本笑里さん、ギタリストDAITAさんによる公式テーマ曲「ララミディア」やアニプレックス・SCPによるアニメ「ダイナ荘びより」の公式キャラクター、キッズステーション・アニマックスによる公式応援番組「恐竜くんの地球だいすき!ダイナソー」など、様々なソニーグループ企業が得意分野を活かし、DinoScience 恐竜科学博を盛り上げました。

ソニーグループとしてはグループ各社を横断した大規模プロジェクトは初めての取り組みであり、フロンテッジにとっても大きなチャレンジとなりましたが、関係各社の協力により、本展の開催、そして成功へと無事に導くことができました。

これからもフロンテッジは、ソニーグループの広告会社であるという特性を活かし、DinoScience 恐竜科学博のようなソニーのPurposeに基づいた取り組みにより、「コミュニケーション エンタテインメント カンパニー」として邁進していきたいと考えています。

▪️メディア掲載▪️
◎雑誌「日経エンタテインメント!」にて紹介されました。
出典:「日経エンタテインメント!」 2021年8月号
・日経BPが記事利用を許諾していますが、記事内容により特定の企業/団体や商品/サービスの購入/投資等を推奨するものではありません。
・掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。

◎雑誌『月刊ニューメディア』2021年12月号にて紹介されました。
科学と表現への「圧倒的なこだわり」ソニー「DinoScience 恐竜科学博」

CREDITS

Executive Producer:森田共美
Management Director:永山芳隆
Public Relations Director:奧畑麻里子
Contents Producer:天野誠司
Ticket Management Director:植竹久美子
Director of Workshop:三浦秀幹
Social Media Director:前原理央
Public Relations:佐藤怜
Director of Official Site:谷戸千春
Coordinator:宮島和寛
Administration:守田祐子