PR

そのメッセージを
今の時代に最適なPR手法で機能させます

フェイクニュースやキュレーションメディア問題を経て、生活者は自身の情報取得のフィルターをコントロールするようになりました。不要な情報は瞬時にスルーされ、有益な情報はSNSでシェアされます。一方で、共感と炎上の境界線がシビアなため、発信者側は神経質にならざるを得ません。

フロンテッジはクライアントワークを通じて、メディアが、視聴者や読者にとって有益な情報をどのように判別するかというPR視点から、その情報がより健全に波及するノウハウを蓄積してきました。また、ブランドのPRメッセージに対する生活者の反応、行動や習慣の変化を常にウォッチしています。

「デジタル戦略PR」 「PRイベント」 「PRコンサルティング」などを駆使し、最適なレピュテーションの形成とコミュニケーション効果の最大化を図ります。