NEWS
2017.02.20

ランニングアプリ"RunGraph"が「iFデザインアワード2017」を受賞。

フロンテッジとWOWが共同開発した、ランニングの記録で美しいアートを作るスマートフォンアプリケーション"RunGraph(ラングラフ)"が「グッドデザイン賞」に続き国際的なデザイン賞「iFデザインアワード2017」(主催:iF International Forum Design)を受賞しました。コミュニケーション分野での受賞となります。

ハノーバーを本拠地とする iF International Forum Design は、ドイツで最も長い歴史を持つデザイン団体で、毎年優れたデザインを選出し「iFデザインアワード」を授与しています。59の国/地域から集まった5,500件を上回る応募デザインは、58名のデザイン専門家が厳正な審査を行い決定されました。

フロンテッジは、今回の受賞を励みにスポーツに全く新しい価値をつくり出す、先進的なコミュニケーションサービスの提供につとめてまいります。

〔 RunGraph(ラングラフ)とは〕
現在、国内約1,000万人を超える言われるランナー、さらにサイクリスト、ハイカーも対象に、スマートフォンで走行を記録し(ルート、時間、歩数など)、ユニークなデザインテンプレート(二次元ルート、三次元ルート、時間、運動強度)で美しいGPSアートが作れるiPhoneアプリ。そのアートはSNSでシェアしたり、Tシャツの素材や色を選んでプリント注文することもでき、スポーツの記録で様々な自己表現に活用することができます。2015年よりAppleの iTunes App Store にて無料で配信を開始し、現在11万ダウンロードを達成。毎日数多くのランナーの方々にご利用いただいております。
 

〔 iFデザインアワードとは〕
1953年から続く国際的に権威のあるデザインアワードのひとつで、iFのロゴは優れたデザインの証として広く認知されています。賞は、プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン、建築、インテリア/建築、プロフェッショナルコンセプトの7分野で構成されています。すべての受賞デザインはiF WORLD DESIGN GUIDE 及び iF design app に掲載し、ハンブルグ(独)にある施設 iF design exhibition Hamburg にて展示します。