MOTIVATION NOTE
クリエイター

【生産性UP!】現役クリエイティブディレクターがお薦めする、 クリエイティブの生産性をアップするガジェット3選!!!

クリエイターも生産性アップの時代

もう20年近く、コピー、グラフィック、CM、WEB企画など、広告クリエイティブを考える仕事をしています。ほぼ毎日、何かしらアイデアを考えています。年齢を重ね、徹夜もだいぶ辛くなってきました。さらに昨今、我々の業界の「働き方」に対する風当たりが強いのは、ご承知の通りだと思います。

そんな状況もあり、最近特に〈クリエイティブの生産性〉について意識するようになりました。「どうすれば、効率的に良質なアイデアを出せるか?」「ダラダラ考え病から卒業できるか?」と。以来、自分なりに本を読んだり、ネットで調べたり、色々なガジェットやアプリを試したりし、密かにクリエイティブの生産性を上げる試行錯誤を重ねてきました。

今日ご紹介するのは、その試行錯誤の果てに辿り着いた、お薦めガジェット3つを活用した生産性アップのメソッドです。もしピンと来るものありましたらご活用ください。

生産性UPガジェット①:無音タイマー

最初のガジェットは「無音タイマー」です。音でなく光で知らせてくれるタイプのタイマーです。制限時間を設けると、アイデアを出す生産性はぐっと上がると思います。ダラダラ作業病からも抜け出す一助にも。スマホアプリにもタイマー機能はありますが、物理的に時間がカウントダウンされていく様を〈横目で見ながら作業する〉方がより時間制限に意識的になれると思います。(頭の中に「ミッション・インポッシブル」のテーマが鳴ってるような気分になります。よくわからない例えですが……)また、音でなく光で時間を知らせてくれるのがポイントで、会社や外のカフェ等でも心おきなく使用できるのがいいところです。

私の場合、あらかじめ仕事前に作業内容と時間を細かく設定します。大きな仕事は、小さな仕事に分解し、例えば90分/45分/15分と仕事サイズに応じ、作業時間を細かく設定し時間割を作って作業を始めます。様々な研究で人間の集中力は90分ほどしかもたないらしく。MAXでも90分で一度、ブレイクを入れるよう意識的にしています。

Amazonで「無音タイマー」などで検索すると、様々なタイプが出てくるので、自分にあったものをお選びください。高くても1500円程度で購入可能かと。

生産性UPガジェット②:ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン(イヤホン)

個人的には、オープンオフィスは考える作業には最悪の環境だと思います。鳴り続ける内線。お構いなしに話しかける上司や同僚。その度に集中は削がれ、考えるどころではありません。じつは、これって様々な研究でも明らかになっているらしく、人が自由に行き来できるようなオフィスで仕事をした場合、記憶力が損なわれ、生産性も減少し、社員の離職率まで上がるなんていう恐ろしい研究結果もあるそうです(汗)。

集中力を発揮できる、クリエイティブになれる環境を、心理学では「スイート・スポット」と呼ぶらしいのですが、基本的には、〈できるだけ静謐で集中できる作業環境〉を確保することが重要らしいです。あたりまえじゃんと思われるかもしれませんが、考える環境はやっぱり超大事です。

前置き長くなりましたが、2つ目のガジェットは、ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンです。周りの騒音を減らせば、集中力も上がり生産性も上がります。個人的感想ですが、耳栓より遮音性が高く感じる機種もあり、集中できる作業音を聴きながら、あるいは装着のみで耳栓代わりにも使ったりしています。会社やカフェなどでもまわりの音を遮断してくれるので、ある意味、〈どこでも考えることにフォーカス〉できます。また、ヘッドホンをし作業に集中していると、上司や同僚から話しかけられるのを抑止する効果も見込めます。「なんだ作業中か……」と(経験則)。

上記の2機種などは、ノイキャン効果も素晴らしくオススメです!

生産性UPガジェット③:なるべくスペックの高いPC(mac)

考える道具は、人それぞれだと思います。PCに打ち込む方。タブレットに打ち込んだり、書いたりする方。やっぱり、紙とペンが至高という方も。ただ、一概には言えないでしょうが、最終的なプレゼンがPCをモニターに繋いで……という形態が主流な昨今においては、考える作業も、企画書にまとめる作業も〈PC上ですべて完結させるのが最も効率的〉というのが自分の見解です。

すべてがPC上で完結させる場合、そのスペックが超重要なのは言うまでもありません。生産性に直結するからです。もしあなたが会社員で会社支給のPCが何世代も前のCPUやOSだったり、起動が遅かったり、すぐ固まったりするなら、大至急! システム担当に連絡し、PCのスペックアップを願いでるべきだと思います。もしくはフリーの方なら、今すぐPCを買い替えましょう。仮にPCスペックの向上で毎日5分時短ができたら、それだけで年間で丸2日ほども時間の効率化ができます。浮いた時間を、自分が力を入れたいプロジェクトやあるいはプライベートにも投入できますし、何より日々のPCへのストレスが減り気分もよくなり、心理的にも生産性UPを望めると思います。

おまけ:スペックアップした macのカスタムモデルをお得に購入する方法

クリエイティブな作業を生業とされている方は、macの使用率が多いと思います。量販モデルでもいいのですが、自分の作業内容に合わせCPUなどスペックアップすれば、より生産性UPを望めます。そんなmacのカスタムモデルは、Apple Storeでしか買えないと思っていらっしゃる方へ。じつは大型量販店(ビックカメラ/ヨドバシカメラ等)でも、カスタムモデルを購入することが可能です。売場で係員に尋ねるか、ECでもオーダーできたりもします。ただ、納期が若干Apple Storeより遅くなりがちです。しかし、量販店のポイントが付くんです! 高額の買い物につき、このポイントも意外にバカになりませんよね。時間に余裕があってmacのカスタムモデルを購入したい方には、〈量販店という選択肢もある〉ということを知っておいていただいて損はないかと思います。

最後に:

以上、超個人的に生産性アップガジェットをご紹介してきました。大げさかもしれませんが、仕事の生産性がアップすると、人生自体も豊かになるとも思うんです。仕事だけが人生じゃないですしね。ご自分の人生を最大化する意味でも、仕事の生産性UPを考えてみるのは悪くないのかなと。もしご自分に合いそうなものありましたら、お試しいただければ幸いです。

PROFILE

クリエイティブディレクター

エンタメ、アパレル、エレクトロニクス、食品など、多様なクライアントのクリエイティブディレクション、コピーを担当。趣味でDJやDTMなどもこっそりやっている。賞歴:カンヌ広告祭 シルバーライオン /アドフェスト 銀賞 /ACC 銅賞 /広告電通賞 最優秀部門賞 /TCC賞 ファイナリスト、新人賞等