MOTIVATION NOTE
プランナー

インスタ映えは「もう古い」で終わらせていいのか

“インスタ映え”は、本当にもう古いのか。

「インスタ映えはもう古い」という言葉、近頃、よく耳にしませんか?確かに、2017年に流行語に選ばれて以来、怒涛の勢いで消費され続けてきたこの言葉に、世の中が疲れてきているように感じます。最近では“インスタ映え”に疲れた人たちが、ありのままの姿をごく一部の親しい人たちだけに見せるアカウントが出現し、それを“フィンスタグラム”と呼ぶそうです(ちなみに “フィンスタグラム”とはフェイク・インスタグラムを省略した言葉なのだそうです。ありのままの方が、フェイクと名付けられているというのも、なんとも皮肉な感じがしますよね)。
インスタ映えの反動とも言えるような現象が見られ、いよいよ「インスタ映えは、もう古い」が現実味を帯びているようにも思えますが、「古い」の一言で忘れ去ってしまうのは、少しもったいないなと感じています。なぜなら、“インスタ映え”の根っこには、太いインサイトがあり、それゆえ、今後のコミュニケーションにおいても活用できると考えるからです。

時代が変わっても、変わらないインサイト。

そもそも“映えたい”というインサイトは、いまどきの若者の特徴かというと、そうではないように思います。個人的な話で恐縮ですが、私の学生時代は、プリクラ全盛期でした。放課後、友だちとプリクラを撮っては、次の日学校で他の友だちと交換するということを繰り返していました。今思うと、自分の顔をよくもまあ、あんなにバラまけたなと思ったりするのですが、SNSに写真を上げるのと近い心理だったのでしょう。また、インスタントカメラやデジカメを学校に持ち込み、何気ない日常をよく撮り貯めていました。今のようにSNSが発展していなかったので、現像して、小さなアルバムに入れ、その上にみんなでメッセージや絵を書いていました。超アナログですが、今の女子たちがSNSでやっていることと、根っこは変わらないのだと思います。(プリクラはインスタ映え、インスタントカメラやデジカメでの日常撮影は“エモい”の感覚に近かったように思います。)
友達との楽しい瞬間を残したい。共有したい。そして、その写真は、素敵に見えるように撮りたい。そのインサイトは生まれた時代が違っても、脈々と受け継がれているのです。むしろ、この脈々と受け継がれてきた太いインサイトに、「インスタ映え」というネーミングとツールがハマったことで、爆発的に流行したのではないでしょうか。もちろん、時代によって変わるインサイトもあります。ただ、時代に左右されないインサイトも確かに存在し、それは、すごく強いものだと思うのです。

必要なのは、表面上の“逆張り”ではなく、“映えの進化”。

逆に、一見面白いように思えても、インサイトが弱いものは続いていきません。その例が、“インスタ萎え”です。最初は話題になったものの、その拡がり方は“映え”には到底及ばないように思います。それは、“インスタ映え”の逆張りとしては“アリ”でも、インスタで本当に“萎えたい”と思っている人は少数だったからではないでしょうか。
それに比べて、 “エモい”(こちらも“インスタ映え”に対抗する言葉として出てきましたが)が受け入れられたのは、表面的なトンマナの違いはあれど、根本にあるインサイトは変わらなかったからだと思います。“エモい”は“インスタ映え”の否定ではなく、“盛り”から“自然体(またはチル)”への表現上の進化だったのです。
最近「もう古い」と言われてしまう“インスタ映え”ですが、そこに来た人たちが、思い出に残したくなる、誰かと共有したくなる空間や体験は、本来、非常に尊いことだと思います。表面的な“映え”の消費ではなく、“映えたい”インサイトをどうやって満たせるかを考え、進化させていくことが、これからの私たちの腕の見せ所のように思います。

PROFILE

プロモーションプランナー

大学院で建築学専攻を修了後、主にリアルコミュニケーションの企画〜制作業務に従事。その後、リアル、WEB等、メディアを問わず、幅広くプロモーションプランニングを経験。コンセプトワークから、現場で人を動かすまで、一貫したプランニングを行う。