Prev
Next

kirin_kanpai_m01

/

kirin_kanpai_02

/

kirin_kanpai_03

/

kirin_kanpai_04

/

kirin_kanpai_05

/

kirin_kanpai_06

/

kirin_kanpai_07

/

kirin_kanpai_08

/

kirin_kanpai_09

/

kirin_kanpai_10

/

TITLE

キリン #カンパイ展

CASE

横浜は、たくさんの「コトはじめ」が生まれてきた場所。130年前の1888年、キリンも、日本のビール文化と共に横浜で生まれました。そんな歴史ある場所で、「カンパイ」という言葉の持つイメージを、アップデートする。とても大きな目標を掲げながら、プロジェクトは始まりました。

5つの部屋と1つのホールから構成された体験型エキシビション。そこには、様々な工夫を随所に込めました。前半の部屋では、スマートフォンの写真フォルダに思い出として残してもらえるようアナログな体験をベースにした構成に。カメラのフラッシュに反応して絵が現れる特殊なインクを使用したり、大人も童心に帰れることをコンセプトにボールプールを用意したり。続く部屋とホールでは、カンパイにデジタルな新しい体験を組み合わせてゆきました。壁の絵をタッチすると絵が音と共に動き出す「さわれる歴史」。ビールをテーブルに置くとグラスの周りインタラクション・マッピングによる花が咲く「カンパイホール」。そうやって、すべての体験を通して「カンパイ」をアップデートすることができました。人の価値観やライフスタイルが多様化した今、好きな飲み物を選び、自分らしい楽しみ方をそれぞれが見つけることのできる新しい「カンパイ」。

1カ月間開催した「#カンパイ展」は、ご参加いただいた多くのみなさんがSNS上で取り上げてくださいました。その反響は、会期後半には大きなうねりとなり、開場待ちの行列ができるほどの盛り上がりを見せました。最終的には、想定を大幅に上回る来場者数となり、ご来場者のみなさんの満足度も高いものとなりました。カンパイをアップデートする。その実現に向けて、クライアントと1つのチームになった日々は、得難い経験として暑い夏の記憶に刻まれることとなりました。

CASE

Yokohama has always been a place where new things start, and Kirin was established here 130 years ago in 1888, at the time beer culture was first taking hold in Japan. So Yokohama was the natural place for this ambitious project to update the image of the old Japanese drinking expression “kanpai!” (cheers!).

The highly interactive exhibition covered five rooms and a larger hall. The first rooms had analog themes, designed to allow visitors to pose and create memories with their smartphones. There were walls with hidden pictures and messages in special ink only visible to smartphone flash photos, and a ball pit where adults could play too. In the later rooms, the kanpai experience turned digital with wall pictures depicting beer history that moved and spoke when touched. In the last space, Kanpai Hall, visitors were served beer (or soft drinks). Placing a glass on a table caused flowers of light to bloom, generated through interactive mapping. Each experience aimed to update the image of kanpai with a wider meaning for our age of new values and diverse lifestyles.

During the month-long exhibition, many visitors posted to social media. The final two weeks were especially intense, with lines waiting for the event to begin each day. The project was a success, greatly exceeding our expectations and registering very high levels of visitor satisfaction.

CREDIT

CD:上島史朗
AD:尾幡晋保
CW:淺井勇樹
PL:牟田神東章悟
Promotion Planner:宗政朝子/北澤圭吾
CP:鈴木哲/越野陽介
Web Producer:谷戸千春
AE:知久泰久

CREDIT

CD:Shiro Ueshima
AD:Kuniyasu Obata
CW:Yuki Asai
PL:Shogo Mutagamihigashi
Promotion Planner:Asako Munemasa/Keigo Kitazawa
CP:Akira Suzuki/Yosuke Koshino
Web Producer:Chiharu Yato
AE:Yasuhisa Chiku

CLIENT

キリン株式会社

YEAR

2018

WORK

View All WORK

キリン株式会社

キリン #カンパイ展

kirin_kanpai_02_th

ソニー株式会社

Sony Stories

Sony_HiddenSenses_0601_89585_th

マダム・タッソー東京

マダム・タッソー POP-UP IN SHIBUYA

madamet_ok_th

Back To Top