Prev
Next

HEADPHONE MUSIC FESTIVAL01.jpg

/

HEADPHONE MUSIC FESTIVAL02.jpg

/

HEADPHONE MUSIC FESTIVAL03.jpg

/

HEADPHONE MUSIC FESTIVAL04.jpg

/

HEADPHONE MUSIC FESTIVAL05.jpg

/

HEADPHONE MUSIC FESTIVAL06.jpg

/

HEADPHONE MUSIC FESTIVAL07.jpg

/

TITLE

Sony HEADPHONE MUSIC FESTIVAL

CASE

スマホエントリーユーザーに、スマホ+ヘッドホンで音楽体験が変わることへの気付きを与え、ヘッドホンへの興味を喚起することを目的として、ソニーが持つ"Smart
AR"技術を駆使した史上初※のヘッドホンで楽しむパーソナル音楽フェス「HEADPHONE MUSIC FESTIVAL」を開催しました。
スマホに専用アプリをダウンロードして、ARマーカーにかざすと始まるユニークなバーチャルライブは、観る位置や距離によって様々なアングルからライブを楽しむことができる、まさにパーソナルな音楽ライブ体験です。

出演アーティストは、10代後半から20代前半のスマホユーザーに人気があり、音にこだわりを持ったアーティストを検討。そして、今回の新しい試みに賛同してくれた、androp、The Beatmoss、BOOM BOOM SATELLITES、そしてN'夙川BOYSの4アーティストをブッキングし、それぞれのアーティストが持つ世界観でオリジナルARムービーを制作しました。12月20日のキャンペーン開始に合わせ、渋谷の街中に約200枚のポスター型ARマーカーを掲出し、渋谷の街中にフェス会場を創出。
また、BEAMSとコラボレーションして、ARマーカー型フェスTシャツも販売。TシャツにアプリをかざすとTシャツ上でもライブが楽しむことができる、ユニークな施策も実施しました。

展開期間:2012年12月20日~2013年1月31日

CASE

The objective was to stimulate interest among entry-level smartphone users in using headphones to enjoy music in ways only possible with a smartphone. We produced this Headphone Music Festival using SONY SmartAR technology, making it the world’s first* headphone only music festival. Users first downloaded an app to their smartphones. Then, by aiming the phone at an AR marker, they could watch a virtual live music performance, changing dynamically with changes in viewing angle and distance to create a uniquely lifelike and personal experience.

For the festival performers, we looked for artists that were interested in musical experimentation and who were popular among our target group of late teens to mid-twenties smartphone users. We booked four bands, androp, The Beatmoss, Boom Boom Satellites and N’Shukugawa Boys, who agreed to make AR movies expressing their individual musical approaches. The campaign began on December 20th, when we put up about 200 posters in the streets of Tokyo’s youth-oriented Shibuya district, each poster containing AR markers. Essentially, the whole of Shibuya became a festival site. In collaboration with clothing store BEAMS, we also sold T-shirts with the AR markers, providing a unique spectacle of virtual live musicians appearing whenever a smartphone was aimed at one of these T-shirts.

Campaign period: Dec. 20, 2012 to Jan. 31, 2013

CREDIT

PL:Naked Communications
CD:渡辺 英輝 / 辻本 忠
【Naked Communications】
AD:辻本 忠 / 井口 広樹
【Naked Communications】
CP:谷戸 千春 / 宇城 大地
AE:近堂 哲也 / 堀口 浩毅 / 蕪木 真哉 / 曽根 剛
/ 金子 晴一
AR技術提供:ソニー株式会社
※実写の3次元(3D)レイヤーによるAR(拡張現実)動画コンテンツとして(2012年12月13日時点)

CREDIT

PL:Naked Communications
CD:Hideki”Nick”Watanabe / Tadashi Tsujimoto
(Naked Communications)
AD:Tadashi Tsujimoto / Hiroki Iguchi
(Naked Communications)
CP:Chiharu Yato / Daichi Ushiro
AE:Tetsuya Kondo / Koki Horiguchi / Shinya Kaburagi / Tsuyoshi Sone / Seiichi Kaneko
AR Technology by SONY
*For AR contents using a live action 3D layer (as of Dec. 13, 2012)

CLIENT

Sony Marketing (Japan) Inc.

YEAR

2013

WORK

View All WORK

株式会社LIXIL

LIXIL 快適暮らし体験 住まいStudio

lixil_thumb

信濃毎日新聞社

家族のはなし2017

170921_shinano_thumb

DAIWABO INFORMATION SYSTEM CO.,LTD

Cisco Start シリーズ プロモーションサイト

01s

Back To Top